女児の本音

女児アニメや子ども向けアニメ、ゲームや玩具等に触れた我が家の三人の女児の本音というか感想の集まり

スポンサードリンク

プリパラ100話 推しキャラはドロシーじゃないけどドロシー楽しいから好きというスタンス

の、娘たち、in我が家。

もちろん、千差万別、好き嫌いはそれぞれだとは思いますが、我が家の場合、9歳長女はあろまちゃんが一番好き、6歳次女はらぁらちゃんが一番好き、3歳三女はファルルちゃんが一番好き。「好きなキャラは?」と訊かれてドロシーの名前は真っ先には出ないけど、でもあの子が出てるとなんか楽しい、だからドロシーも好き、みたいな感じのようです。

スポンサードリンク

 

我が家では、アクションが大きくてわかりやすいキャラクターはウケがいいというか、笑いが起こりやすいんですが、そういう意味ではドロシーちゃんはとってもわかりやすい。ドロシーがぶつぶつ文句いうシーンも、パクトの中に入っちゃうシーンも、楽しげに観てました。長女は、レオナが「ジュルル、ドロシーをよろしくね」とかなんとか言ったシーンで「逆!」とツッコミ。シオンさんも、ドロシーの成長を期待してみたいなこと言ってたし…逆! でもなんか納得する!笑

とりあえず、「ちっちゃくなったドロシーかわいい!!!!」と大喜びでした。あとは全体的に、「ジュルル嫌がってんじゃない…?」「ドロシー自由すぎない?」「え、ドロシーひどくない?」とツッコミながら笑いながら観ていました。「なんかジュルルかわいそう…」「迷惑そう…」ほんとにね。そんな感じ。でもそこが楽しい。

「これさー、ドロシーちゃんでよかったよね。1人だけもらえなかったのがシオンさんでもレオナでも、もっと暗い話になってたよね」と長女。たしかに。

そういえば、ことあるごとに「100」と出てくるのには、次女三女はまったくスルーでした。「どうして100って出るの?」とか言うかなあと思ってたんですが、ノータッチ。次女三女が観たあと、録画したものを長女が観るのですが、長女は最初から「100、100、うるさいっ!w」みたいな反応。次女は、ラストのめが兄ぃさんのメタ発言「第100回を迎えました!」のところでやっと、「だから100っていっぱい出てたんだー!」という感じ。あの宣言がなかったら「なんだったんだろう」で終わってただろうなあ。ありがとうめが兄ぃさん。

なんだかんだでドロシーちゃんをみんなで捜して、無事に救出からのライブシーン、プリチケスキャンのあたりで「三人の曲だった!」「でもあの曲好き!」という反応。この曲については、3人は「そらみスマイルのやつより好き~」というところで一致している様子。

「ジュルル、嫌がってたけど、ジュリィ来るかな? 来るかな?」3人ともハラハラしていたようでした。ジュリィが降りてきたところでは、「やったー!おめでとうーーー!」と大歓喜。

そういえば、ジュルルがドロシーのことを「ばーか」と呼んでるっぽいところ、「パーパって言ってるんじゃない?」「パパって言ってるんだよこれ。だってドロシー、パパっぽいじゃん!」と三人が主張。「ばーかって言ってるんだとしたら、どっかでシオンさんがドロシーのことバカって言ったんじゃないかな。それが名前だと思ってんだよきっと」と長女。なるほど。

 

次回、いよいよ神アイドルグランプリが始まります! というところで、長女と次女が悲鳴。

「え、アロマゲドンは!!!?」

出ると信じていたようです。出ないみたいだね…でも第一回って言ってるし、次があるのかな?

母としては、ジュルルと絡まないと出れないってことなの?? こう、ほかのアイドルどうなってんの? と疑問を持ったりもしたのですが、子どもたちはそのあたりは特になんとも思っていないようでした。

ラスト、前のOPが流れたところでは喜んで熱唱。あれ、好きだもんね。100パーセントのスマイル~っていう歌詞があるからというのは気付かなくて、あとで知って長女が「なるほどー!!!」と叫んでました。

 

本編後ですが、エンディング、「どうしてらぁらちゃんだけ変身してないんだろうねー」と長女。「あれ、どうしてみれぃちゃんだけ変身してるんだろうね、かな? ん??」となってました。たしかに不思議です。でも変身後のらぁらちゃんも出てくるんだよね。なにか理由があるのかな?

ともあれ、次回は神アイドルグランプリ! 予告にちらっと映ったひびきさんに、どことなくわくわくしているふうの娘たち。とても楽しみです。

 

スポンサードリンク