女児の本音

女児アニメや子ども向けアニメ、ゲームや玩具等に触れた我が家の三人の女児の本音というか感想の集まり

スポンサードリンク

プリパラ99話 ドロシーの姿に次女三女涙、長女爆笑。

ソラミスマイル全員と、トライアングルのんちゃんがスーパーサイリウムコーデをゲットしたところで、満を持してのドレッシングパフェ回!我が家の三人も、この日を楽しみにしていました。

そういえば(なんだかんだで書き忘れてますが)ウサチャがウサギに厳しかったりするシーン、うちの子たちはだいたい笑って喜んでます。ウサギとかクマがかわいそうな目に遭うのが好きらしい。

スポンサードリンク

 

先週から、「次は3人の曲かな、それともソロかな」「誰が神コーデゲットするかな」とわくわく予想していた三姉妹、とりあえずは三人の新曲ということで早くもテンションマックス!

そうなると、次は、「誰がジュリィを呼ぶのか」という点。予想しながら視聴しているようで、「いちばん頑張ってるの、シオンさんっぽいよね」「レオナちゃんも色々やってるよ」「いや、やっぱりシオンさんでしょ」等々、言葉が飛び交います。とりあえず三人とも一致してるのは「ドロシーはないな」という点。「ドロシーなんにもしてないじゃん」by長女。

「高かったけど~」みたいなお金かけたことを強調していく部分でも、「ドロシーちゃんだめだね、そういうこと言うのよくないね」次女もばっさり。ドロシーダメ感がこれでもかと描かれていて、とても…イイね!それでこそドロシーだね!という雰囲気の我が家。モザイクないないないばあには大うけでした。もう3回観たんですが3回とも爆笑。

お泊り一日め、うどんのメイキングドラマシーンでは、長女がものすごく冷淡に「ダメでしょ、それはダメでしょ」とつっこんでました。笑うとこだよ。

二日めの、ジュリィがどこかに行ってしまうシーンでは、「あああ、ダメだよー!」「危ないよー!」「どうしようー!」次女三女はあわあわ(長女はなんかニヤニヤしてた)。

無事に見つかって、めでたしめでたしなわけですが、この合宿中に何度かドロシーがシオンに怒られたシーン、「なんか仲良しって感じでいいよね」「ドロシーに怒るシオンさんなんかいいよね」と長女と語らいました。なんかいい。いい感じ。

「おまえは賢い赤子だ」とかなんとか、シオンがジュルルを叱責からのなでなでしたところで、「今回ジュリィ呼ぶのはシオンさんだな」と長女は確信したようでした。

そして、問題の、ライブシーン。

いやライブ自体はすごくよくて、かっこよくてかわいい曲だねと子どもたちもノリノリだったのですが、その後。

女神降臨、シオン&レオナの神チャレンジライブ。

ドロシーのみ不在。

「えええっ、ドロシーーーーー!!! ドロシーちゃんがあああ!!!」

悲痛な声で叫ぶ三女。

「ドロシーちゃん、かわいそう、かわいそう! ドロシーちゃんだけいないー!」

ほとんど泣きそうな次女。

「ドロシーw ドロシーww ドロシーwww」

爆笑しながらドロシーの名を連呼する長女。

「まあ、でも、今回のこれはしょうがないよね」

長女はドライです。

 

次回予告、ドロシーちゃんが大活躍するらしいのを見て、三姉妹大喜び。「次は頑張ってね! よかったねドロシーちゃん!」次女三女は応援ムードですが、

「待って、これさ、ドロシーちゃん今回かわいそうだったけど、その代わり次は一人だけ主役みたいな感じで、結局いい思いしてない? すごい得してない!?」

100回記念回だしね。人気があるってことなのかな?

「これは…もしかしてもしかして、ドロシーのソロとかあったりするのかな…!」

長女はあれこれ予想するのも楽しそうです。次回は何やらプレゼントもあるということで、わくわく! 送ろうね!! と約束しました。第100回、楽しみです。

スポンサードリンク