読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女児の本音

女児アニメや子ども向けアニメ、ゲームや玩具等に触れた我が家の三人の女児の本音というか感想の集まり

スポンサードリンク

プリパラ 3歳三女の「シオン気持ち悪い」5歳次女の「シオンきらい」発言に困惑する9歳長女

プリパラを楽しむ我が家では、三姉妹ともに「ひびき気持ち悪い」「ひびき嫌いー!」とひびきさん嫌いを主張していたため、そのほかのキャラクターの好き嫌いについてはあまり気にしてこなかったのですが、あるとき3歳三女が、「ひびき気持ち悪い!」と言ったのとまったく同じテンションで「シオン気持ち悪い!」発言。

シオンについてはまったくのノーマークというか、どうして気持ち悪いのかがまったくわからず、え、なんで? と不思議がっていたら、5歳次女まで、「うん、わたしもシオンはきらいー」とのこと。

「なんで! シオンさんかっこいいじゃん! 美人じゃん! おしゃれじゃん!」

9歳長女のちょっと待ったコールが響き渡ったのでした。

スポンサードリンク

 

まあ、そもそもの話、アニメを観ていてわざわざ「こいつ嫌い」なんていうマイナス発言をする必要はないわけで、いままでほとんどそういうことは聞いたことがなかったのですが、ひびきさまへの「嫌い」コールは、ある意味でネタというか、気持ち悪いとか嫌いとかいって笑いつつも一定の愛情がある、そんな雰囲気がいつの間にかできあがっていたように思います。

姉妹間では絶対的な権力を持つ9歳長女が、「ひびき、許さん! 嫌い!」と公言したことも大きかったのでしょう。特に3歳三女の中では、好きじゃない子にはそういってもいいんだな、ということになったようで。

そして冒頭の、「シオン気持ち悪い」発言。

彼女が気持ち悪いと評するのは、今まではレインボーライブでいうとこのヒロさんとかカヅキさんとか、男性が歌ったり踊ったりするときだったのですが、ひびきさんは女性とはいえ扱いとしては同じ、やはりひびきさんも気持ち悪い扱い。

男性プリズムスター≒ひびきさん

ここまでは、理解できるわけです。

でも、

男性プリズムスター≒ひびきさん≒シオンさん

これは、わからない。なぜここにシオンさんが並んでしまうのか。

5歳次女に言わせると「わたしもきらい、だってかわいくないから。んーと……かわいい感じじゃないよね?」

……語彙!

3歳次女は、「だって、かしこま! とか、ぷり! とか、ぷしゅ~とか、テンションマーックスとか、リラックスーとか、でびでびでびる! とか、じぇるじぇるえんじぇるーんとか、ないし」

……通訳!

「見た目もかわいいっていうよりかっこいいし、あと声じゃないかな。声も低くてかっこいい声だよね。しゃべり方も女の子っぽくないから、男の子みたいに思うのかな? 決まったセリフも、四字熟語とか、わかりにくいし。囲碁だっけ? あれもよくわかんないし」と、9歳長女。なるほどなるほど。

・低くてカッコイイ声であり、いわゆる女性口調じゃない。

・わかりやすい決め台詞がない。

・モチーフがとっつきにくい。

というところでしょうか。

以前、 ” プリパラを楽しむ3歳児&5歳児にとって、「実は男」「実は女」はどうでもいいことらしい。 ” という記事で、性別は関係なく、ドロシーちゃんもレオナちゃんもかわいいからかわいい、ひびきさんは気持ち悪いから気持ち悪い、らしい、ということを書いたのですが、それでいくとシオンさんはひびきさん側、気持ち悪いから気持ち悪いカテゴリに入ってしまう、ということになるようです。

ひらひらふわふわ感はたしかに皆無だし、しゃべり方も男らしいし……私や長女からすれば、美人なお姉さんにしか見えないけども、うちの3歳や5歳にはそういうわけにはいかなかったようで。

なかなか奥が深いなあとしみじみしたのでした。

「シオンさんは! 美人じゃん!!」

そう力説する姉の努力は実るのか。期待してみようと思います。

 

それにしても、シオンさんといい、ドロシーちゃんといい、レオナちゃんといい、ドレッシングパフェ、濃いなあ。

スポンサードリンク