女児の本音

女児アニメや子ども向けアニメ、ゲームや玩具等に触れた我が家の三人の女児の本音というか感想の集まり

スポンサードリンク

プリパラを楽しむ3歳児&5歳児にとって、「実は男」「実は女」はどうでもいいことらしい。

我が家では、9歳長女、5歳次女、3歳三女が一緒になってプリパラを毎週楽しみに見ております。9歳長女は、実は男であるレオナちゃんに「気持ち悪い」と嫌悪感を示し、実は女であるひびきさんにもやはり「気持ち悪い」と辛辣な感想。しかしどうやら、下の女児二人は、実は男とか実は女とか、そのあたりについては気にしていないようです。

スポンサードリンク

 

妹たちがレオナちゃんを見て「かわいい~」「ドロシーちゃんよりレオナちゃんが好きかなー」と言うのがどうにも気に入らないらしく、「だって男の子だよ!?」と毎回のように吠える長女。次女はそれを聞いても「そうなんだ~」とわかってるんだかわかってないんだかな反応で、三女は「ふーん」と興味なさげ。

いままでは、そうだったのですが。

つい先日、ドロシーちゃんとレオナちゃんが二人でライブをするシーン、「ほらこの子、かわいく見えるかもしれないけど、男の子だよ!?」と飽きもせず言う長女に、三女はドロシーちゃんを指さして、「この子?」と一言。

ん?

長女「ちがうちがう、このピンクの子」

三女「男の子は、こっちの青い子でしょ。ドロシーちゃんでしょ」

長女「なんで! ドロシーちゃんは女の子だよ!」

次女「えっ。私もドロシーちゃん男の子だと思ってた!」

長女「え!!!!」

えっ!!!

これには私も驚きです。

よくよく聞いてみると、次女と三女は、ドロシーちゃんを男の子、レオナちゃんを女の子だと思っていたことが判明。ああ、まあ、たしかに、そういうキャラ設定ではある、けども。でもドロシーちゃんは自分のことをかわいいとか言っちゃう子だし、わかってるもんだと思ってたよ……。

三女は「だって男の子じゃん」と三女理論を展開、次女は「声が男の子みたいだし、ボクっていってるし、男の子だと思ったの」とのこと。なるほど。いやでも、君たち、初回からずーっと観てきてもう二年経つってのに……。

レオナちゃんについては、長女の説得(?)の甲斐あって、いまでは一応男の子だと認識しているようですが、そんなものは関係なく、「かわいいのはレオナちゃん、どっちが好きかと言われたらレオナちゃん」と声をそろえる次女と三女。

「じゃあ、ひびきはこんなだけど女の子なんだけど、ひびきは好き?」という長女の質問に、妹二人はきっぱりと「ひびきは気持ち悪い」。

これね、プリティーリズムのに出てきた男性プリズムスターに対する反応とまったく一緒なので、もう、ひびきは男か女かとかどうでもよく、男の子に見える、かわいくない、だから好きじゃない、という理論なようです。

ドロシーちゃんについては、男の子だけどかわいい、かわいいけどレオナちゃんの方がもっとかわいい、だからレオナちゃんの方が好き、ということらしい。

 

長女は現在9歳。これぐらいの年齢になると、「実は男」「実は女」設定はなかなか刺激的で、それについて嫌悪感を抱いたり、逆にその境遇が気になったりと、いろいろあるようですが……未就学児ぐらいの年齢だと、ほんっっとどうでもいいんだなーと思いました。「実は男」「実は女」という事実は情報として入ってくるけど、それだけ、というか。

そういえば昔、長女も、パワパフガールズzのバターカップちゃんのこと男の子だと思ってたな、とか思い出しました。

これは我が家だけの現象かもしれませんが。幼いとはいえ、感じ方はそれぞれでしょうし。

 

いつか大きくなって、レオナちゃんやドロシーちゃん、ひびきさんについて、何かを思う時が来るのでしょうか。彼女たちが今後開けるかもしれない、何らかの扉の最初の入り口が、思えばあの時のプリパラだったなと、そんなことになるかもしれません。

スポンサードリンク