女児の本音

女児アニメや子ども向けアニメ、ゲームや玩具等に触れた我が家の三人の女児の本音というか感想の集まり

スポンサードリンク

レインボーライブの「gift」は私がいままで生きてきた中(※9年)で一番の名曲だと思う

9歳長女が、そう力説していました。生きてきた中で~とかいうフレーズをもう使っちゃうのか9歳。すごいな。

スポンサードリンク

 

 我が家では、プリティーリズムシリーズは名前だけ知ってるけど観たことはないというカテゴリのアニメだったんですが、プリパラにドハマリしたことにより、DVDを借りてみることに。

オーロラドリーム、ディアマイフューチャー、レインボーライブの、それぞれ一巻をまず借りてきて、全部観てみて、続き続き!となったのがレインボーライブでした。じゃあとりあえず、レインボーライブを観ようかということで、少しずつレンタルして、全話制覇。

当初は「べるひどい、べるありえない」と言っていた長女も、最終的には「べるちゃんほんとカワイイ」に進化。「わかなちゃんかわいすぎでしょ! も~~、一番好き」「おとはちゃん、怖い……絶対敵にまわしたくない……」等々、長女はどちらかというとベルローズへの思い入れが強かったような気がします。

次女(5歳)はどこまで話がわかっていたかは怪しいですが、でも一緒になって熱心に観ていました。三女(3歳)は、歌が流れれば喜んで一緒に歌うという感じ。

そんな三人に、レインボーライブの中で一番好きな曲を訊いてみたところ、

長女「絶対gift!」

次女「ちぇりぴき!ちぇりぴき!ちぇりぴきでいっ!」

三女「はっぴーはっぴーはぴーなる~」

との答えが(歌えとは言ってないんだけども次女三女はしっかり歌ってくれました)。

 

「好きな曲とか歌いたい曲とか色々あるけど、名曲っていったら絶対giftだよね。最後の、gift流れるとこすごかったもんね。すごい名曲だと思う。giftほんとすごい。プリパラでも、アニメ関係なくても、好きな曲いっぱいあるけど、名曲は、絶対りんねちゃんのgift」

長女の情熱がすごい。でもわかる。名曲。

 

レインボーライブを見終わってずいぶん経ちますが、まだ要所要所でgiftを口ずさんでいる長女。お風呂内で熱唱するのはまだしも、自室でgiftを歌いながら、必死に腹筋しているのを見た時には目を疑いました。なにそのスポ根。息も絶え絶え歌わんでも。

giftを聴きながら、歌いながらだと、色々頑張れるんだそうです。うん、頑張れ。

スポンサードリンク